カートを見る
カートの中身を見る

ゴムバンド使用方法

 
 

2018/8/6
夏期休業とシステムメンテナンスのお知らせ

2018年8月10日~8月16日(木)まで業務及び発送はお休みを頂いております。

注文手続きに関しては、実働日8月17日(金)受付として1週間以内の発送とさせて頂きます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。


2017/12/25
年末年始連休のお知らせ

2017年12月28日~1月4日(木)まで連休により業務及び発送はお休みを頂いております。

年末年始連休中の注文手続きに関しては、実働日1月5日(金)受付として1週間以内の発送とさせて頂きます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。

2017/9/6
健康コラム第75回掲載しました

<糖高血圧治療の現状

65歳以上の高齢者では、医療費の一番多くの3割以上を占めているのが、高血圧とその結果である病気(虚血性心疾患、脳血管疾患など)の治療費と言われています。今回は、国民病でもある高血圧の現状について改めて確認してみましょう。

続きはこちらから

2017/5/29
健康コラム第74回掲載しました

<糖尿病

糖尿病などの成人病の発生は食生活や運動など日常生活と密接に関係し、600万人の患者数が報告され、予備軍は1500万人とも推測されている糖尿病についてご紹介しましょう。

続きはこちらから

2016/12/28
年末年始連休のお知らせ

2016年12月28日PM12:00~1月5日(木)まで連休により業務及び発送はお休みを頂いております。

年末年始連休中の注文手続きに関しては、実働日1月6日(金)受付として1週間以内の発送とさせて頂きます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。


2016/9/23
健康コラム第73回掲載しました

<天候と病気

季節の変わり目には、思わぬ病気や発作にみまわれることがあります。何故お天気が変わると多くの人が体の不調を訴えるのでしょう

続きはこちらから


2016/8/8
システムメンテナンス臨時休業のお知らせ

2016年8月10日~8月17日(水)まで業務及び発送はお休みを頂いております。

注文手続きに関しては、実働日8月18日(木)受付として1週間以内の発送とさせて頂きます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。

2016/4/6
健康コラム第72回掲載しました

<肥満を科学する

近年肥満遺伝子が確認され、一部の肥満には遺伝子が関与していることが分かってきました。ではどのようなメカニズムなのか考えてみましょう。

続きはこちらから

2016/3/17
システムメンテナンス臨時休業のお知らせ

2016年3月18日~3月28日(月)まで業務及び発送はお休みを頂いております。

注文手続きに関しては、実働日3月29日(火)受付として1週間以内の発送とさせて頂きます。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。

 

2016/2/22
健康コラム第71回掲載しました

<骨の健康とビタミンD

以前は、夏冬問わず小麦色の肌をした女性を見かけましたが、最近では 紫外線と皮膚がんや皮膚の老化との関係も指摘され、紫外線カットの化粧品も広く普及してきています。
今回はサンシャインビタミンとも呼ばれているビタミンDについてのお話です。


続きはこちらから
 

2015/10/21
健康コラム第70回掲載しました

<糖尿病を予防しよう>

糖尿病の理解を深め、予防や症状の緩和に役立てましょう。

続きはこちらから
 

2015/6/3
健康コラム第69回掲載しました

 

<アレルギー>

「アレルギー]という言葉を耳にすると、どのようなアレルギーを思い浮かべるでしょうか ?現代の日本人の20%が・・。

続きはこちらから

2015/3/9
健康コラム第68回掲載しました

<肺炎>

肺炎の症状は風邪の症状と類似しています。そのため、痰が伴う咳が続いたり、息苦しい・胸の痛みなどが続いたとしても、風邪なのでそのうち治ると思って軽く考えて放置しないようにしましょう。

続きはこちらから

 

2014/10/20
健康コラム第67回掲載しました

<口内炎>

口内炎は出来る箇所によって、喋るのも辛かったり、食事がしみたりと、日常生活に支障をきたす場合があります。今回は口内炎の基礎知識として、口内炎の種類、原因、対処法などについてご紹介します。
続きはこちらから

 

2014/7/7
健康コラム第66回掲載しました

<目を大切にしましょう>

毎日の生活で得ている情報の約9割は、目からであると言われるほど、目は重要な働きをしています。
今回は、目の仕組みと目の疲れについてご紹介いたします。


続きはこちらから
 

2014/4/15
健康コラム第65回掲載しました

<めまい>

寒さを感じ、お春は冬の終わりから、いわゆる「木の芽時」と呼ばれる季節。植物は芽吹き、冬眠していた動物は目覚め、活動を始めます。これは人間も同じことですね。冬から春仕様に身体が移行するとき、起きやすい不調の1つとして「めまい」が挙げられます。今回はその「めまい」について紐解いていきましょう。
続きはこちらから

2014/2/20
健康コラム第64回掲載しました

<健康入浴法>

寒さを感じ、お風呂が恋しい季節ですね!冷え切った体を温めるため、間違った入浴していませんか?正しい入浴方法で冷えや筋肉のコリなどの悩みを健康入浴法で解消して、寒い冬を乗り切りましょう!
続きはこちらから

2014/1/10

健康コラム第63回掲載しました

<内臓が元気>

内臓が元気でないと体にハリがでません。内臓は脳との密な連帯をしているので、体だけではなく、心の健康にも関係しています

続きはこちらから

2013/11/21

健康コラム第62回掲載しました

<不眠とうつ>

近年は日本人の5人に1人が睡眠に関して何らかの悩みを抱えており、10人に1人が不眠症に悩んでいるという調査報告もでています。さらに、今や国民病ともいわれるうつ病との相関関係が極めて高いともいわれています。今回はその辺りについて考えてみましょう。

続きはこちらから

2013/8/30

健康コラム第61回掲載しました

<食中毒>

気温や湿度が高い夏は、食中毒の発生しやすい季節です。食中毒予防のポイントをおさえて元気に夏を過ごしましょう。

続きはこちらから


2013/5/22健康コラム第60回掲載しました

<脈圧>

心臓や血管の状態を知るためにどのような数値を参考にしていますか?現在、様々な検査方法が知られていますが、その中で病院でも薬局でも自宅でも測定できる指標として“血圧”があります。皆さんはこの数値を確認する時に見るのは、上の血圧、下の血圧の値だけですか?

続きはこちらから

健康コラム第59回掲載しました

<ワッハッハで元気!>

「笑い」が「健康」に役立つ、時には「病気が治る」こともあるんだそうです。どうゆうことでしょうか?

続きはこちらから

健康コラム第58回掲載しました

<風邪にご用心>

人は年に5~6回、かぜをひくと言われていますが、朝晩寒くなってくるこの時期は、特にかぜをひいてしまうという方も多いのではないのでしょうか。本格的な冬を、予防・養生を心がけましょう!

続きはこちらから

2012/10/12

健康コラム第57回掲載しました

<糖化は老化!>

老化を進行させる原因として、近年、注目されている“糖化”。たるみなどの皮膚に関する悩みだけでなく、体内の様々な組織でこの糖化が進行し、それが骨粗しょう症や生活習慣病のリスクを高めることがわかってきました

続きはこちらから

 

2012/7/2

健康コラム第56回掲載しました

<不眠>

不眠~眠りへの理解を深めよう~

近年は十分に眠ることができず、辛い思いをされている方も増えています。
そこで、今回は、眠りについての情報をお届けします。

続きはこちらから2012/5/9

健康コラム第55回掲載しました

<五月病>

五月病かとおもったら・・

 学生や新入社員の5月頃に多くみられるという「五月病」。

しかし、病院などで使われる正式な病名ではありません。医学的には、新しい環境の変化についていけないことで起きる精神疾患の「気分障害」あるいは「不安障害」と診断されます。

続きはこちらから

2012/4/2

健康コラム第54回掲載しました

<低体温症>

あなたの平熱は何度かご存知ですか?近年、平熱が36℃以下という「低体温」の人が増えています。そのまま放っておくと様々な病気を発症し、突然死の原因にもなりかねません。今回は、低体温症とその改善方法をご紹介いたします。

続きはこちらから
2012/3/16

健康コラム第53回掲載しました

<冬の血糖値>

生活習慣病のひとつ、糖尿病は患者数の非常に多い疾患です。糖尿病やその予備軍の方にとって気になるのは血糖値ですが、冬に少し高くなる傾向にあることが知られています。
生活上のポイントをおさえて快適に過ごしましょう。

続きはこちらから

2012/2/7

健康コラム第52回掲載しました

<寒くなるとトイレが近くなる?>

寒い日にトイレが近いのはなぜでしょうか?
そんな困った症状から逃れる方法を考えてみましょう。

続きはこちらから

2011/10/03

健康コラム第51回掲載しました。
<下痢>

便は「健康のバロメーター」とも言われるように、健康状態を見る目安になるものです。

便秘も下痢も困りものですが、夏は食べ物が腐敗しやすく、また、食べ過ぎや飲み過ぎ、夏ばて、寝冷えなどにより下痢がおこりやすい季節でもあります。下痢をしてしまうと、気分がさえないだけではなく、日常生活にも悪い影響を及ぼします。その裏に思わぬ病気がひそんでいることもあるのです。そこで今回はそんな下痢について考えてみましょう。

続きはこちらから



 


健康コラム
>>以前のバックナンバー

生活習慣病アドバイザーでもあり薬剤師の大垣先生のコラムです。
特に漢方薬に関しては40年と長い実績を有し、日常生活を快適にそして健康に暮らしていくためのアドバイスや情報を掲載しています。
皆様の快適生活にお役立て下さい。

大垣清乃先生プロフィール

携帯ページ

送料は全国一律540円(税込) 4,000(税込)以上お買い上げの方は送料無料!!
*離島の方は別途お問い合わせください
代金引換 銀行振込 郵便振替

HOME»  コラム»  健康コラム»  ’13.11.22(金)

’13.11.22(金)

’13.11.22(金)

不眠とうつ第62回  

現代は24時間型社会といわれ、生活も不規則になりがちです。近年は日本人の5人に1人が睡眠に関して何らかの悩みを抱えており、10人に1人が不眠症に悩んでいるという調査報告もでています。特に中年以降になるとその割合は高くなります。さらに、今や国民病ともいわれるうつ病との相関関係が極めて高いともいわれています。今回はその辺りについて考えてみましょう。
 

◆◇不眠うつ相関関係
 日本人の睡眠は足りているでしょうか?厚生労働省の調査では、5時間以上は寝ている人の割合は9割を超えています。しかし、20%以上の方が不眠症に悩んでいます。本来、嫌なことがあっても、一晩寝たらスッキリしている、そんな経験は誰にもよくあることです。しかし、不眠症になると目覚めても疲労感から解放されない、夜よく眠れなかったため朝から気分が沈んでしまう。そんなことが続くと、うつ病へと進行してしまうこともあるのです。
 
うつ病の初期症状として不眠は重要なサインです。睡眠時間が短いうえに眠りが浅く、覚醒しやすいというのが、典型的なうつ病による不眠の症状です。同時に倦怠感や身体的な愁訴が続くという特徴もあります。こうしたサインを放置すれば、本格的なうつ病へと移行する危険性が増します。しかも、うつ病の症状が改善しても不眠が改善されなければ、うつ病は再発しやすい。不眠症の人は一般の人の2~3倍もうつ病になる可能性が高いといわれています。うつ病と不眠症は切っても切れない関係にあるのです。
 
日本では過去14年連続して自殺者が3万人を超えていますが、健康に関する原因・動悸のトップはうつ病です。2009年には約7000人もの人がうつ病を理由に自殺しています。これはうつ病とそれを引き起こす不眠症が、国民にとって重大な問題であることを表しているものといえるのではないでしょうか?
 
◆◇不眠症のタイプは?
 不眠症のタイプは、うつ病が原因の不眠かどうか見分けることができます。不眠症は以下の4つに大別されます。
入眠障害布団に入ってもなかなか眠れず、寝付くまでに30分以上かかる、いわゆる「寝つきが悪い」タイプ。
 
熟眠障害睡眠時間を十分とったつもりでも、「ぐっすり眠れた、熟睡した」という感覚が得られないタイプ。
中途覚醒夜中に何度も目が覚めてしまい、そのあと、もう1回寝付くのが難しいタイプ。
早朝覚醒朝早いうちから目が覚めてしまい、まだ眠りたいのにそのまま眠れなくなってしまうタイプ。
 この中で特に「早朝覚醒は」うつ病の症状として出やすく、診断の決め手になることも多いといわれます。不眠症が原因のうつの場合は、通常の生活改善の指導や、睡眠薬の投与では根本的な解決にはならず、抗うつ剤の投与が必要になります。
   参考:きょうの健康 2009年5月号
 
◆◇不眠症の原因は?
 不眠症の原因には以下の5つの要因があるといわれています。
身体的原因大きな手術の後の痛みなど、身体のどこかに痛みがあるため眠れない。加齢も睡眠のパターンを乱します。
生理的原因海外旅行時におちいる時差ボケ、交代勤務制で深夜勤務などに変わった時に眠れない。
心理的原因仕事の事が気になって眠れない、人間関係のトラブルで腹が立って眠れない、何か悩みがあるために眠れない。
精神医学的原因ノイローゼ・うつ病など、心の病気が原因となって眠れない。
薬理学的原因コーヒーや緑茶に含まれるカフェインの作用で目がさえて眠れない。また、医薬品自体も副作用として睡眠リズムを乱し、不眠を増悪することがあります。
 現代はストレス社会といわれ、子供から大人まで、家庭や学校、職場とあらゆる環境にストレスが存在しています。こうしたストレスは私達の心と体に影響を与え、このため不眠を訴える人が多くなっています。
 
◆◇不眠症対策として
 不眠症は大抵一時的なもので、生活習慣や生活環境の見直しで解消する場合もあります。その内うつ病等と関連し、ストレス要因から発症する不眠症には注意が必要です。私たちはどのようにこのストレスに対処していけばよいのでしょうか。

 

   ①前向きの姿勢を心掛けましょう!

    心の余裕は身体の余裕へと繋がっています。
 

   ②悩みごとは1人で抱えこまずに周囲の人に相談しましょう!

    アドバイスを得ることで問題が解決に近づく事もあるはずです。
 

   ③自分の生活の中でオン・オフを上手に切り替えましょう!

    スポーツや趣味、外出をするなど、普段の生活と異なった事をすることにより、心も身体も軽くなります。
 

比較的軽度の不眠症では、市販の睡眠改善薬で症状の改善もみられるでしょうが、うつ病などの心の病気が原因の場合は病院で処方される抗うつ薬(脳内セロトニンの取り込み阻害剤など)でないと、改善がみられないことが多くみられます。

タイプによっては漢方薬が有効な場合もあります。
 
<快眠のための7カ条>
1毎日同じ時間に起きるようにする
2就寝時にはパソコン・携帯電話などの操作をしない
3就寝前に消化の悪いものを摂らない
4不眠を和らげる大豆食品やカルシウムを多く摂る
5睡眠薬の代わりに寝酒をしない
6照明は消すが、完全に真っ暗にしない
7ストレッチなどの激しくない運動を取り入れる
 
 参考:厚労省「健康づくりのための睡眠指針検討会報告書」



 


〒320-0856
栃木県宇都宮市砥上町344-4 
  大垣薬局  大垣清乃
TEL:028-648-2635
FAX:028-648-2287

2013-11-22 14:18:34

健康コラム